MENU

風俗嬢と僕のカラダが入れ替わったのでセックスしてみた
▼無料立ち読みはこちらから▼

風俗嬢と僕のカラダが入れ替わったのでセックスしてみたのあらすじ

大学に入学した新入生を待つものの1つに、サークル勧誘がある。

 

「なあ、兄ちゃん」

 

壁ドンされて、カツアゲに近い勧誘を受けた林龍之介は、
泣く泣く(?)オールラウンドサークル、略してオーランに入るのだった。

 

その日行われた歓迎会の帰りに、先輩からなぜか風俗に連れて行かれる。
出迎えた風俗嬢が美人だったので、ドキドキ。

 

彼女が相手をしてくれることになり、部屋に案内される。
かえでと名乗った風俗嬢は、龍之介の服をさっさと脱がしていく。
脱がされている方は、心の準備は全くできていない。

 

それもそのはず。

 

「僕、えっちもしたことないんですっ!」

 

びっくりしたかえでが足をすべらせて、転んでしまう。
龍之介も引っ張られて転び、二人のひたいがぶつかった。

 

 

気を失っていたが、かえでが必死に起こしてくれたおかげで目を覚ますことはできたのだが、
目の前にいるのは、あまりにも見覚えある顔。

 

「何だ、これ!?」

 

叫ぶ声もいつもと違い、高い。
よく見ると、体も違う。

 

かえでさんの体だよな…。

 

 

僕がかえでさんで、かえでさんが僕?

風俗嬢と僕のカラダが入れ替わったのでセックスしてみたの登場人物

林龍之介
大学生になったから、青春を楽しみたいし彼女だって作りたい。
真面目だが気が弱く、言い方悪いけど冴えない男。
もちろん童貞・彼女なし。

 

潤葉(うるは)
美人な風俗嬢。源氏名はかえで。
物事に動じない、サバサバ系おねえさん。

風俗嬢と僕のカラダが入れ替わったのでセックスしてみたの感想

ネタに困ったマンガ家が使うような、人格の入れ替わり。
ベタと言うより、出尽くしたネタ^^;
そんなネタで勝負するマンガを見たのは久しぶりだったので、逆に新鮮でした。

 

気が弱い龍之介ですが、バカがつくほど真面目。
サバサバした男前な潤葉のペースに、すっかり巻き込まれています。

 

入れ替わってパニックだろうに、「なったちゃったもんは、仕方ないよね!」と、
あっさり受け入れているところが、すごい男前。

 

そんな彼女に、「ついていきます!」と言いたくなるほどw
人たらしの素質も、少しあるかも知れません。
同僚になつかれていそうな感じがするので。

 

 

一方の龍之介は、ただただパニック。
そりゃあ、そうだ。誰だってそうなる。
気の弱い龍之介に、潤葉のような受け答えは無理。

 

 

最後は、「せっかくだからこの状態でシてみよっか!」

 

このセリフのおかげで、アダルト系を読んでいることを思い出しました。
それまで、このジャンル読んでいる意識がなかったので^^;

 

風俗嬢と僕のカラダが入れ替わったのでセックスしてみた
▼無料立ち読みはこちらから▼

このページの先頭へ