MENU

社内不倫している彼と穏便に別れたい、どうすればいい?

社内不倫をしている彼と別れたいと思っても、なかなか難しいですよね。職場の人間関係に影響しそうな気がしますし、今後仕事がやりづらくなって今の職場にいづらくなるということもありえます。それは避けたいですよね。

 

そこで今回は、社内不倫をしている彼と穏便に別れる方法をご紹介します。この記事にある方法を参考にして、社内不倫している彼と無事別れてくださいね。

 

態度で別れを匂わせる

態度で、別れたいという態度を見せるというやり方があります。彼も大人なので、もう終わりかなと察することができれば、自分から別れを告げてくれます。

 

このやり方のメリットは、男性から別れを告げるので、男性のプライドが傷つかないという点です。もしもあなたから別れを告げた場合は、一方的に振られたという事実が残り、プライドが傷ついて逆恨みをしてくる恐れがあります。

 

男性に能動的に動いてもらうことで、穏便に別れることができるというわけですね。

 

態度で別れを臭わせる方法としては…

 

  • 自分からは連絡しない
  • 彼から連絡が来ても返信を遅らせる
  • そっけない返信をする

 

といったことが挙げられます。やはり男性も楽しくやり取りできる女性が好きですから、返信が遅くてつまらない女性とは別れたくなります。その気持ちを利用することを意識すれば、意外とあっさり別れることもできますよ。

 

別れ話の際は平静を保ち喧嘩は避ける

別れ話になったときに、感情的にならないことを意識しましょう。もしも喧嘩別れをしてしまうと、同じ職場にいると気まずくなってしまいます。勢いに任せてなんとか別れられたとしても、職場にいづらくなってしまうのでは意味がありませんよね。

 

別れ話では男性も感情的になりがち。あなたのことを罵ることもしばしば。そこで言い返してしまっては穏便に別れることはできません。たとえひどいことを言われたとしても、別れ話だから仕方ないか…と考えて、ぐっとこらえるようにしましょう。

 

モヤモヤした気持ちは別れ話で発散するのではなく、後日信頼できる人に愚痴ることで発散しましょう。

 

彼の納得できそうな理由を用意する

男性は、感情よりも、理屈を重視する傾向があります。そのため、彼が納得する理由があれば、社内不倫でも穏便に別れられます。

 

ここでは穏便に別れるための、彼が納得できそうな理由を3つ載せています。この中から自分の言葉にできそうなものを選んで、彼に言ってみるといいでしょう。

 

「好きじゃなくなった」と告げる

シンプルに、「好きじゃなくなった」と告げます。シンプルなので彼も、意外と「好きじゃなくなったなら仕方ないか…」と納得せざるをえません。

 

ポイントは、他の男性のことを臭わせるようなことは言わないということです。他の男性に乗り換えるというパターンを、男性は一番嫌います。たとえそうだったとしても別れ話のときはごまかすようにしましょう。

 

なぜ好きじゃなくなったと聞かれる可能性もあるので、もっともな理由を考えておくといいでしょう。

 

「これからは自分の家族を大事にしたい」と告げる

もしもW不倫の場合は、「これからは自分の家族を大事にしたい」と言いましょう。お互い基本的に自分の家庭が大事ですから、彼も認めざるをえません。

 

自分の家族を大事にしたいから別れるというのは、理屈が通っていますよね。なので彼も冷静になって別れを受け入れやすくなります。

 

そのため、W不倫で穏便に別れたいと悩んでいる方は、この言葉を言うことがかなりおすすめですよ。

 

「あなたの家族に申し訳ない」と告げる

ずっと悩んでいたということを伝えつつ、「あなたの家族に申し訳ない」と告げるというのもおすすめです。そんなつらい思いをさせているなら、彼も穏便に別れるしかありません。

 

男性のことを嫌になったわけではないというニュアンスがあるので、男性のプライドが守られるというメリットもあります。

 

問題点としては、男性が本気だった場合、離婚するから!と言って食い下がってくる可能性があるということです。彼が離婚を言い出す可能性がある場合は、この方法は避けるようにしましょう。

このページの先頭へ