MENU

不倫相手の彼から連絡が少なくなった…これって別れの前兆!?

最近不倫相手の彼から連絡が少なくなった・・・ということがあると、とてもモヤモヤしますよね。

 

ただでさえ不倫という不安になりやすい関係なのに、連絡も少なくなってしまうと、「これって別れの前兆!?」とか「私ってもう必要とされていないのかな」とか、思い悩んでしまうでしょう。

 

一度嫌なことが浮かんでしまうと、悪い方向にどんどん考えが進んでしまって止まらなくなってしまい、とてもつらいですよね・・・。

 

そんな方のために今回は、不倫相手の彼から連絡が少なくなる理由を4つご紹介します。

 

意外と「あ、そういうものなんだ」と言いたくなるような理由で、彼からの連絡が少なくなっているということもあるんですよ。それでは1つずつ見ていきましょう。

 

@必死さが抜けてきただけ

付き合いが長くなってきたら、最初の頃に比べて男性の積極性がなくなってくるというのはよくあることです。

 

最初は男性も必死です。女性に気に入られたいと思っているため、必死に連絡をとります。マメな男はモテるとよく言われているので、マメさをアピールしようと頑張るんですね。

 

しかし、関係が安定してくると、男性は油断します。もうそこまで頑張らなくても、自分を捨てて他の男のところに行くことはないだろうと根拠もなく考えてしまいます。女性の気持ちが離れてから慌てる男性が多いのはこのためです。

 

つまり、不倫相手の彼からの連絡が少なくなったというよりも、今までが彼にしては連絡が多かったのです。彼が頑張って連絡を増やしていたというだけなんですね。

 

必死さが抜けてきた今の方が自然であると言えます。連絡が少なくなったと考えるのではなく、自然体の彼に近づいたんだなと思えば、気が楽になりますよ。

 

Aあなたからの愛情にあぐらをかいている

不倫相手の彼はあなたのことを完全に信用しています。特に頑張らなくても大丈夫だと思っています。これは、あなたからの愛情にあぐらをかいている状態であるとも言えます。

 

人間、安全な状態になると気が抜けます。頑張る必要がないのなら、頑張らなくてもいいやと思いがちなんです。

 

不倫相手の彼は、あなたのハートを自分のものにしたと思って完全に気が抜けています。そのため、連絡も少なくなったというわけです。

 

そこで、彼の心を揺さぶるようなことを言ってみて、彼の反応を探ってみることがお勧めです。

 

「もしかして別れる?俺飽きられてる?」と彼が考えれば、以前のようにあなたの気を引こうと頑張ってくれるようになりますよ。

 

Bただ忙しいだけ

単純に忙しいというパターンです。男性は、同時に平行して何かをするということが苦手です。

 

一つのことで頭がいっぱいになっていたら、他のことは手がつかなくなってしまいます。仕事などで忙しく毎日追われているようなら、あなたに連絡をする心のゆとりが彼になくなっています。

 

以前と比べて連絡が少なくなると、ついつい彼の気持ちを疑ってしまいますが、単純に忙しいだけで連絡が少なくなってしまうということも多いと認識しておきましょう。

 

もしも彼が忙しくて疲れていそうなら、無理に連絡させるのではなく、彼の状況が落ち着くまでこちらからの連絡も控えてあげるようにしましょう。

 

Cあなたとの付き合いが面倒臭くなっている

これは嫌な想像ですが、不倫相手の彼はあなたとの付き合いが面倒臭くなっている可能性があります。別れるタイミングを探っている段階なため、徐々に連絡する頻度を落として、様子を見ているというわけです。

 

場合によっては、連絡をもっと減らしてフェードアウトしようとも考えています。以前から、喧嘩が絶えない、お互いに不満が溜まっているということがあるようなら、このパターンの可能性は非情に高いです。

 

もしも思い当たる節があるなら、彼が再びあなたに興味を持ってもらえるような対応を心がけるといいでしょう。会うときはいつもと違うファッションをする、彼が好みそうな話題を振ってみるなどがお勧めです。

 

重くなりすぎない程度に、真剣に彼と言葉を交わしてみることも一考してみてください。


このページの先頭へ